CSR​

企業の社会的責任

関わる全てが幸せに繋がる社会に

 

 弊社は、衣・食・住に関わり、人間文化の継承者としての役割を果たすため、触れ合うというスタイルで心の繋がりを見出し、​幸せを拡大し社会貢献する企業であり続けたいと思っています。

 2000年創業以来、ニホンジカの害獣問題(野生動物保護管理により捕獲される鹿の有効利用)に関わり、新たな仕組み作りと社会的認知の向上に取り組んでまいりました。

 地域自然資源の活用と地域創生への貢献を目指し、「鹿に纏わる衣食業態PROJECT」を展開し、野生鹿の革を衣料品・服飾雑貨に使用し、ボタン等付属の製造工程の一部を障がい者の作業所にて就労支援に繋げ、野生鹿の肉は、老若男女多くの人々に気軽に召し上がっていただけるように馴染みあるメニューを開発し、繫華街神戸元町の鹿肉料理専門店で提供し、今まで嘗てない取り組みに成功致しました。

 私たちは、「ニホンジカ一頭まるごと有効活用」のパイオニアとして、調和のとれた自然環境を次世代へ繋ぐ仕組みを推進し、関わる全てが幸せに繋がる社会を実現するために、みなさまに満足いただけるプロダクトとサービス、エシカル(倫理的)な仕組みを提供していきたいと考えています。

  ​代表取締役社長 入舩 郁也