【繊研新聞】2015/5/13付 掲載

2015/05/13

【繊研新聞】2015/5/13付におきまして、「独自性と健康志向で客を呼ぶ」と題し、弊社【鹿】に纏わる衣食業態PROJECTが紹介されました。

 

以下、「繊研新聞 2015/5/13付」より引用
---------------------------------------------------------------
本気の飲食事業 気軽に楽しむ鹿肉料理

 

「鹿鳴茶流入舩」は神戸のメリケンヘッドクォーターズが運営する鹿肉専門レストラン。

同社のオリジナルブランドのカジュアルウエアには、自然界で頭数調整のために処分された鹿の革がパーツとして使われる。飲食は革を有効活用する延長線上に、鹿肉まで無駄にせず、社会に循環させる仕組み作りを目指した事業。

他の食肉のように流通していない鹿肉料理を知ってもらうために、街中で気軽に提供するのが狙い。ランチで680円。高級なフレンチなどのメーンディッシュとしてではなく、身近でリーズナブルな和食や中華などの料理に落とし込んでいる。

 

鹿肉はカロリーや脂分が低くヘルシーなだけでなく、鉄分など栄養素が高い。

鹿を丸ごと1頭再利用するビジネスモデルは兵庫県のビジネスグランプリで優秀賞に選ばれた。

鹿鳴茶流の店装はオリジナル中心に販売する「ハイカラブルバード」と共通化しており、「将来はファッションと飲食を融合したショップを目指す」としている。

 

---------------------------------------------------------------

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Recent Posts
Please reload

Archive Posts
Please reload