川崎重工業(株) 「環境報告書」掲載 定例「兵庫県産鹿肉(ジビエ)弁当」提供

弊社では以前より、兵庫県庁・神戸市役所はじめとする行政機関や企業様等へ、「兵庫県産鹿肉」を使用した各種鹿肉弁当のデリバリーやケータリングを行なっています。


このたび、川崎重工業株式会社(神戸本社)様と定例で取り組んでいます、鹿肉を使った食イベントが、「川崎重工業株式会社 環境報告書」にて掲載されました。


------------------

Kawasaki Environmental Report 2021

(川崎重工業株式会社 環境報告書2021)

より転用


食への取り組み

鹿肉(ジビエ)弁当の提供を実施

兵庫県が取り組む鳥獣対策のひとつである鹿肉の利活用に賛同し、食堂や売店がない神戸本社において鹿肉(ジビエ)弁当の提供を行いました。


購入者からは、「鹿肉は意外と食べやすく美味しい」「鹿害問題を初めて知った」などの感想が多く寄せられ、生物多様性を考えてもらうよい機会となりました。


この実績を踏まえ、生物多様性保全活動をより浸透させるため、今後とも継続して実施することを計画しています。


Kawasaki Environmental Report 2021

(川崎重工業株式会社 環境報告書2021)





------------------


みなさまのジビエへの理解が広がり、嬉しく思います。⠀


弊社創業以来およそ20年に渡るジビエ振興事業「ニホンジカまるごと1頭有効活用」。鹿革のみならず、鹿肉、鹿角、鹿骨まで無駄なく活用する取り組みも、国内他府県でも見聞するようになりました。⠀


弊社が永年、安定的に有効活用している兵庫県産の鹿各種部位は、弊社オーナー自らが、兵庫県内各地域のジビエ処理加工施設から回収、運搬して、貯蔵施設にて管理、流通させ、皮革は兵庫県内の連携しているなめし業者にて加工して製品化しています。


トレーサビリティの整ったシステムにより、地域の自然資源有効活用と地域振興に寄与しています。


改めて、弊社各店のお客様はじめ、全ての関係者の皆様へ感謝申し上げます。


【ニホンジカまるごと1頭有効活用のパイオニア】として、ファッション、自然資源、社会貢献、ひと、もの、世代を繋げる循環線としての役割を果たし、これからも社会へ貢献できるよう邁進して参ります。


引き続きご理解ご協力いただけますようよろしくお願い致します。