【WEB LEON】「GOURMET」(2018/6/21) 鹿鳴茶流入舩 boga boga Loopline 「初夏に美味しいジビエって!?お肉デートの切り札は鹿肉料理」 掲載

【WEB LEON】「GOURMET」(2018/6/21) 「初夏に美味しいジビエって!?お肉デートの切り札は鹿肉料理」 鹿鳴茶流入舩 boga boga Loopline 掲載 このたび、ウェブマガジン【WEB LEON】「GOURMET」におきまして、弊社運営の鹿肉料理専門店「鹿鳴茶流入舩」とオリジナルブランド「boga boga Loopline」はじめ、弊社の「ニホンジカ1頭まるごと有効活用」「鹿に纏わる衣食業態PROJECT」について、取材および掲載いただきました。 詳細は下記ご覧くださいませ。 https://www.leon.jp/gourmet/8522 掲載にあたり、多方面の関係者の皆様に改めて感謝申し上げます。 --------------------------- 以下、ウェブマガジン【WEB LEON】(2018/6/21) 取材・文/西島陽子 初夏に美味しいジビエって!? お肉デートの切り札は鹿肉料理です! ジビエと言えば冬がシーズンですが、実は“鹿”に限っては違うんです! 旬を迎える「夏鹿」が堪能できる、神戸の鹿肉料理専門店「鹿鳴茶流 入舩(ろくめいさりゅう いりふね)」をご紹介! 少し深刻な話ではありますが、日本では年間約62万頭もの鹿が捕獲され、その大部分が処分されているのをご存知でしょうか? せめて山の命を美味しくいただきましょうということで、鹿肉を扱うお店がじわじわと増えてきました。その先駆けとも言えるお店がコチラ「鹿鳴茶流 入舩(ろくめいさりゅう いりふね)」。猟師や美食家が太鼓判を押す“夏の鹿肉”を、ぜひ大切な方と一緒に味わっていただき

『地域づくり』特集【生き物対策と地域づくり】「捕獲から製品流通までネットワークを活用(シカを地域資源として持続可能なビジネスを実現)」代表 入舩 郁也 レポート掲載

『地域づくり』(一般財団法人地域活性化センター 2018年6月1日発行) 特集【生き物対策と地域づくり】「捕獲から製品流通までネットワークを活用」(シカを地域資源として持続可能なビジネスを実現)弊社代表 入舩 郁也 レポート掲載 このたび、一般財団法人地域活性化センター発行『地域づくり』(2018年6月1日発行)におきまして、弊社代表兼ひょうごニホンジカ推進ネットワーク会長である、入舩郁也のレポートが掲載されました。 弊社が長年取り組んで参りました、「ニホンジカ1頭まるごと有効活用」「鹿に纏わる衣食業態PROJECT」「文鹿祭Bunkasai」はじめ、捕獲者(川上)~解体処理・タンナー/革製作者(川中)~製品やサービス・流通/提供者(川下)の連携等について、まとめております。 掲載にあたり、多方面の関係者の皆様に改めて感謝申し上げます。 -------------------------------------- [一般財団法人地域活性化センター] 活力あふれ個性豊かな地域社会を実現するため、ひとづくり、まちづくり等地域社会の活性化のための諸活動を支援し、地域振興の推進に寄与することを目的として、昭和60年10月に、全国の地方公共団体と多くの民間企業が会員となって設立され、平成25年4月に一般財団法人へ移行いたしました。 https://www.jcrd.jp/ 『地域づくり』地域づくりに関する具体的な事例やセンターの情報などを紹介する情報誌を毎月発行。 https://www.jcrd.jp/publications/chiikizukuri/2018/jun/ ------